■2021年、2022年、京都精華大学にて「ニューヨークアート研修(NYAT)オンライン」開催

ニューヨークアート研修(NYAT)オンラインは、京都精華大学の全学共通教育科目『海外ショートプログラム』のメニューのひとつとして毎年実施してきた人気の現地研修プログラムをオンライン上で疑似体験してもらう試みです。

 

海外渡航が制限されるコロナ禍において、バーチャル研修という新たな試みを楽しみながら、プログラムが開催されました。

​《プログラム内容》

【前半】

美術館(モマ、ホイットニー、グッゲンハイム、スクラプチャーセンター、ディアビーコン)、ギャラリー(チェルシー、ロワーイースト、ブルックリン)、アートに関わる専門店(ストランドブック、フォービドゥンプラネット)などを案内します。
日本とニューヨークの美術館、ギャラリー、アートに関わる環境の違いを解説します。
講義の後半に翌週までに提出する課題の説明をします。 

 

【後半】

アーティストのスタジオ訪問。
ペインター、デザイナー、現地美大生の3人のアーティストの対比を通し、リアルなニューヨークのアーティストライフを紹介します。
海外で活動することの厳しさや楽しさ、これから海外でアーティスト活動をして見たい方は必見です。
講義の後半では、各自課題を画面上で見せてもらい、合評します。